福井市の整体・カイロプラクティック『TKYカイロプラクティック』患者様一人ひとりに合ったプログラムで産後、頭痛、肩こり、ストレス、不妊、うつ の悩みを根本的に改善・解決します。
朝10時から、夜8時まで営業!
相無料
ご予約はコチラから

本当の自分に出会えば、病気は消えていく

福井市の整体、TKYカイロプラクティックの山口です。

今日もブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

世の中に、難病や特定疾患と言われる症状で苦しんでいる人はたくさんいますが、なぜそのような名前がついているのでしょうか。

 

 

それは、病院で治すのが難しいからですね。治療法が確立されてたり、特効薬がある病気に難病なんて名前はつきません。

 

 

とりあえず、薬で抑えながら上手に付き合っていきましょう!

なんて言われる症状には難病や特定疾患が多いです。

 

 

リウマチなんかは難病の中でも有名な病気ですね。全身性エリテマトーデス、サルコイドーシス、ベーチェット病などは一般の人はあまり耳慣れない病気かもしれません。

 

 

そして、この手の病気の治療には、たいていステロイドが使われます。あと、痛みを伴う場合は鎮痛剤、それで症状がなるべくひどくならないように抑えながら経過観察ってパターンですね。

 

 

ところが、たまにこういう難病が治ってしまうケースがあります。薬の効果じゃなく、なぜ治ったのかお医者さんも分からない。

 

 

自律神経整体に携わっていると別に不思議だとは思いませんが、一般的には奇跡だ!なんて言われたりします。

 

 

でも、身体って本当は間違えません。そういう症状を出す理由が何かあるわけで、そのサインの意味を本当に理解するとどんな難病でも治ってしまうことがあるんですよね。

 

 

もし、あなたが難病や特定疾患、よく分からない症状でお悩みでしたら、オススメの本があります。

 

 

病院での治療をやめて自力で治しなさいって意味ではありませんよ。

 

 

病院にはちゃんと通院して、血液検査や色々な検査をして出る数値を見ておくべきです。薬を飲まないと命に係わる症状もありますしね。そして「病気と上手に付き合いながら」ではなく、「お医者さんと上手に付き合いながら」自分でできることはやってみてください。

 

 

自分の症状が辛い、大変だ、なんで私がこんな目に遭うんだろう…なんて思っている人もたくさんいるでしょう。そういう人には、この本もオススメです。

 

 

 

この方の症状に比べたら全然たいしたことない!って勇気が出ると思います。

自力で日常生活を送れるレベルの人には特に読んで欲しいですね。

 

 

ということで、自分の体は自分でしか治せないことを心底理解して頂ければ幸いです。

 

 

ではまた!

化学物質過敏症は全身の筋緊張を引き起こす

福井市の整体、TKYカイロプラクティックの山口です。

今日もブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

今日は、化学物質過敏症と電磁波過敏症のクライアントさんのお宅への出張整体でした。


このクライアントさんから頂いたCS(化学物質過敏症)支援の会報誌があるんですが、私も今ではこれを購読しています。

IMG_20160513_195354672.jpg

この会報誌をじっくり読むようになって、これがかなり施術の役に立ちました。化学物質過敏症という病気がどういうメカニズムで起こるのかというのは医学的によく分かっていませんが、この症状を専門に診たり研究しているお医者さんもいらっしゃいます。

 

 

そういう先生が書いている内容を読んで、私もそれまで何となくしか理解していなかった化学物質過敏症についてある程度までは理解を深めることができました。ただ、この症状は全員が全く同じ症状で全く同じ方法で治るという病気ではないので、これが絶対という治療法はありません。


化学物質過敏症や電磁波過敏症という特殊な症状


これはひどくなると、全身の筋緊張にもつながって

車いす生活になってしまう人もいるんです。


そして、症状が治ると筋緊張も取れて普通に車いす無しで生活できるようになる。


人間の体って不思議ですよね。


私のクライアントさんも最初は筋肉のこわばりが強いのが理由で施術を始めました。

 

ところが、化学物質過敏症が根底にあるので、いくら筋緊張を取ってもすぐに元に戻ってしまいます。セルフストレッチも対症療法に過ぎません。


根本の化学物質&電磁波過敏症が改善しないと筋緊張も解除されないのです。



この会報誌を読んで、この症状のメカニズムというか体内や脳でどんな反応が起きるかということがだいぶ分かったので、施術のキネシオロジー検査でも最初の頃とは違う色々な質問ができるようになりました。


キネシオロジー検査は術者の引き出しが少ないと、体がしっかり反応してくれません。やみくもに検査しても正しい答えが出てこないということです。


でも、症状のメカニズムがある程度分かった上で検査すると的確な答えが導き出せます。


その出てきた答えを調整すると、ガチガチになってた筋肉のこわばりが一瞬でフニャフニャになったりするんですね。


筋肉を一切揉んだり押したりしてないのに。



ただ、やっかいなのは自分が携帯電話や電磁波を出すものを使ってなくても、今はどこにいても電波が飛んでるということです。


化学物質過敏症の人にとって、一番いいのは携帯電話圏外でテレビの電波も来ないような離島で療養することかもしれません。

 

 

携帯電話がなかった時代に戻った方が人間幸せなのかもしれませんね…



ではまた!



※自律神経整体は医療ではありません。

※検査結果は、あくまで筋力検査での反応です。

※まずは医師にご相談ください。

※自律神経整体は量子物理学を整体に応用して身体のバランスを整えるものです。

 

婦人科系のトラブルは糖質過剰に注意

福井市の整体、TKYカイロプラクティックの山口です。

今日もブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

当院には、メンタルと婦人科系の問題を抱えるクライアントさんが来院されることがよくあります。


婦人科トラブルの原因になることが多いのが

糖質過剰イチゴケーキ


女性って甘いものやパン
パスタなどの麺類が大好きですよね?


糖質過剰から膵臓に負担がかかり、甲状腺ホルモンに影響が出やすくなります。なので、不妊でお悩みの方も糖質過剰には要注意です。


そもそもストレスなどメンタルの問題から、甘いものやパンなどの糖質を摂りすぎて糖質過剰になってる方が多いですね。だから、婦人科トラブルとメンタルの問題はセットと考えてもいいくらいです。


このクライアントさんも

ストレス→糖質過剰→膵臓→下垂体の甲状腺ホルモン
で反応しました。



糖質を禁止されたら逆にストレスになっちゃうって言う人も多いのですが…


私も大好きだから、お気持ちはよ~く分かりますよ。


だから、糖質は玄米とか麦ご飯とか十割蕎麦とかにしてはどうでしょうか?


このクライアントさんも、パン、麺類、ご飯が大好きな方なので、帰ってから夕飯をどうしたらいいか悩んじゃったみたいで…


「夕飯が作れませ~んハァ」ってメールがきました(笑)


甘いものとパン(特に菓子パン)をやめておけば、そこまでシビアに考えなくても大丈夫ですから。


ちなみに今日、クライアントさんからこんな糖質のお土産を頂きました。





初めて見たせんべいですけど、有名らしいですねびっくり!!


香川県と言えば、うどん

しか思い浮かばない私が悪いのかもしれませんが


みなさんはこのちょっと甘めのせんべい、ご存知ですか?

 

甘いお菓子を食べるよりは、せんべい、あられ、おかきなどの方がまだマシです。まずはそちらにシフトしてみるのもひとつの対策ですね。

 


ではまた!



※自律神経整体は医療ではありません。

※検査結果は、あくまで筋力検査での反応です。

※まずは医師にご相談ください。

※自律神経整体は量子物理学を整体に応用して身体のバランスを整えるものです。

インターネット限定特典
山口院長ブログ
youtube公式チャンネル
ハワイ大学医学部人体解剖実習修了
ページトップへ