福井市の整体・カイロプラクティック『TKYカイロプラクティック』患者様一人ひとりに合ったプログラムで産後、頭痛、肩こり、ストレス、不妊、うつ の悩みを根本的に改善・解決します。
朝10時から、夜8時まで営業!
相無料
ご予約はコチラから

妊娠したかったら経血の色をチェックすべし

福井の整体 TKYカイロプラクティックの山口です。

 

不妊治療を受けている方で人工授精がなかなか結果に結びつかないと悩んでいる方がたくさんいます。また、せっかく妊娠した~って喜んだけど流れちゃったって方もたくさんいるでしょう。

 

 

結果が出ないのには、結果が出ない理由が必ずあります。赤ちゃんが育つ環境になってませんよ~ってことが多いわけです。そういう場合は、一度、自分の経血の色をチェックしてみてください。

 

 

経血って、自分の血液なわけだから、色が悪いのはまずいんですよ。そして、量も質も大事。

 

ドロドロしてたり、赤黒かったり、薄すぎたり…じゃダメなんです。血液なんだからサラサラした赤い鮮血であるのが理想的。そもそも、経血って子宮内膜なわけで、経血の状態が悪いってことは赤ちゃんのベッドになる子宮内膜の状態が悪いってこと。

 

フカフカで温かくて厚みがあり、粘着力のある子宮内膜であれば、受精卵はどんどん細胞分裂して大きくなっていけるんですよ。そんな大事なお母さんの子宮内膜が冷たくて硬くてどす黒く居心地の悪い状態だったら、育つもんも育たないでしょう?

 

 

もし、自分の経血の色や状態が良くないって人は、早く改善しましょう。早く改善すると言っても、1ヵ月じゃ改善できません。

 

 

血液が入れ替わるのにどれくらいかかるかご存知ですか?

 

 

およそ、4ヶ月はかかります!

 

 

ってことはですよ、早く赤ちゃんが欲しい!って思うんだったら、最短でも4ヶ月かけて体質改善しなきゃいけないわけだから、ストレス溜まるからちょっとくらい甘いもの食べてもいいか~とか、小麦粉製品も時々食べるくらいなら~とか、たまにするヘアカラーくらい大丈夫だよね?とか悠長なこと言ってられません。

 

 

気合い入れて子宮内膜作り直すぞ!って根性見せなきゃダメなんです。

 

 

少しくらい…

をやれば、その分、妊娠は先延ばしになると覚悟しましょう。

 

 

毎月生理が来たときは、経血のにおい、色や状態を必ず確認してくださいね。赤黒いレバーみたいな塊が出てたら、まだまだ食生活が悪いか、出さなきゃいけない化学物質や有害なものが残ってるということ。サラサラできれいな赤い血が出ていれば、いつ赤ちゃんが来ても大丈夫って捉えてください。

 

 

そんなきれいな経血が出るようになってからできた赤ちゃんは、アレルギー体質にもなりにくく、丈夫な子になるはずです。特に体質改善もせずに、運よく妊娠して産んだはいいけど、生まれてきた子がひどいアトピーやアレルギー体質っていう人がたくさんいます。産んだ後ですごい苦労が待ってるより、先に自分のことで苦労しといたほうがいいんじゃないでしょうか?

 

 

先の苦労を取るか、後の苦労を取るか…決めるのはお母さん、あなたです(^^)

 

 

 

ではまた!

不妊体質を改善するにはアンチエイジング

当院にも、不妊整体を受けに来られる方がたくさんいらっしゃいます。体質を改善して、妊娠出産を願うその気持ちに応えることは私の使命のひとつなので全力でサポートしますが、けっこうみなさん自分の体を老化させることに無頓着な部分がありますね。

 

生殖細胞を老化させないことは妊娠するために非常に大切なこと。

 

老化は生まれたときからはじまっています。つまり、年を重ねるたびに老化は進んでいきます。そんな老化を予防する(アンチエイジング)のキーワードは「糖化」と「酸化」です。

老化

キーワード1 糖化を防ぐ
「糖化」とは、糖とタンパク質を加熱すると褐色(あるいは黄色)に変化する現象のことです。この糖化した部分に発生する、終末糖化産物(AGEs)は、老化を促進させます。人間の体中では、細胞や組織を作っているタンパク質に糖が結びつき、体温で加熱されてAGEsができます。糖化を防ぐ食事を心がけましょう。

老化

 

「酸化」とは、モノが酸素と結びつく働きをいいます。例えば、リンゴの切り口をそのままにしておくと茶色に変色したり、鉄が次第にサビたりするのも酸化です。酸化は人間の体内でも起こっており、喫煙やストレスなどにより「活性酸素」が大量に発生し、老化の原因になります。老化を遅らせるには、活性酸素を消去する成分(抗酸化物質)の摂取を心掛けましょう。

腸内の動き

 

食事と対策


  1. 1. 効果的な栄養素、食品
  • 主食は未精白穀物にします。(玄米や分づき米、玄米発酵食品、そば)。糖の吸収がゆっくりで、血糖値の急上昇を防ぎ、糖化を防ぐことにつながります。
    また、粉食となるパンや麺類よりも、粒食である米のほうが吸収速度が穏やかで血糖の急上昇を防ぎます。また、腹持ちが良いので過食を防ぎやすくなります。
  • 食物繊維を取ります。特に食事の最初に、食物繊維が多く糖分の少ない食品を取ると、食後の血糖値の上昇が抑えられ、糖化を防ぐことにつながります。(小松菜、ほうれん草、ブロッコリー、だいこん、きゅうり、トマト、ピーマン、もやし、海藻類、きのこ類)
  • 腸内の動き
  • 老化の原因「活性酸素」を抑えるビタミン・ミネラルの多い食品をしっかり取ります。
    • ビタミンA(β-カロテン)(にんじん、かぼちゃ、ほうれん草)
    • ビタミンC(キャベツ、大根、ブロッコリー、ピーマン、レモン、小松菜)
    • ビタミンE(ごま、アーモンド、玄米、こめ油、大豆、大豆製品)
    • ビタミンB6(にんにく、マグロ、玄米、玄米発酵食品
    • 亜鉛(牡蠣、魚介類、アーモンド、納豆、玄米)
    • セレン(魚介類、海藻類、ごま、玄米)
  • 活性酸素を抑えるファイトケミカル(植物の有用成分、ポリフェノール)を取るため、食事に様々な色(7~8色)を揃えましょう。
    • ポリフェノール(緑茶、春菊、ほうれん草、玉ねぎ、玄米 など)
    • フィチン酸、γ-オリザノール、フェルラ酸(玄米、玄米発酵食品
    • イソフラボン、サポニン(大豆、小豆)
    • リコピン(トマト、スイカ、柿)
    • カテキン(緑茶、紅茶)
    • アントシアニン(なす、紫たまねぎ)
    • アリシン、硫化アリル(にんにく、ねぎ、玉ねぎ、にら)
    • フィコシアニン(藻類、のり、スピルリナ)

2. 控えたい食品

  • AGEsは体の中でつくられるだけでなく、食べ物にも含まれます。AGEsは、糖質とたんぱく質を高温処理(炒める、揚げるなど)することで発生します。AGEsが多い食品は避けましょう。(焼肉、揚げ物、ドーナツ、クッキー、スナック菓子)
  • AGEsを含む商品は控えましょう
  • 血糖値が高い状態が続くと、AGEsが蓄積します。血糖値を上げやすい食品は控えましょう(精白食品<白米、白パン、白砂糖>、砂糖<お菓子、菓子、パン、ジュース類>)。
    特にジュースやお菓子などに使用される甘味料(ブドウ糖果糖液糖、果糖ブドウ糖液糖)は、取り過ぎに注意しましょう。
  • 血糖を上げない食生活が重要

3. 食べ方、生活習慣のポイント

  • 脂肪の摂取が多く、ビタミン・ミネラル、食物繊維などの摂取が少ない欧米型食生活は、腸内で腐敗を起こしやすく、インドール、フェノール、スカトール、アンモニアなどとともに悪玉菌が増え、活性酸素も発生します。これらの有害物質が腸から体内に吸収され、血液を通じて全身に運ばれ、全身の老化が促進します。腸をきれいにすることで、活性酸素が減り、老化の予防につながります。
  • 活性酸素は腸でも発生する

糖化が人体に与える影響

人

  • ■皮膚に与える影響
    たるみ、しわ、しみ、そばかす
  • ■血管に与える影響
    動脈硬化
  • ■骨に与える影響
    骨粗鬆症
  • ■目に与える影響
    白内障
  • ■脳に与える影響
    アルツハイマー病など

抗酸化力は年齢とともに低下していく

体内には「活性酸素」を消去する酵素(SODなど)がありますが、SODの活性は20代をピークに年々減少し、50代では約半分にまで低下してしまいます。老化を遅らせるためには、活性酸素を消去する成分(抗酸化物質)の摂取を心掛けましょう。

老化

腰痛、頭痛、肩こりの原因が微生物?

腰痛、頭痛、肩こりなど、よくある症状の原因が何なのか突き止めるのはすごく大事なことですが、そこが実はどても難しく一筋縄ではいかない場合がありまして…

 

 

逆に言えば、本当に正確な原因がピシッと分かれば、調整はものすごく簡単だとも言えます。

 

 

原因が単純に筋骨格系などの構造の問題だけの場合、そのへんにあるようなカイロプラクティックや整体院でも対応できると思います。中にはそれでも対応できてないカイロや整体もありますが、それはもう施術家をやめて転職した方がいいでしょうね(笑)

 

 

それで、症状の原因が構造の問題じゃないケースでよくあるのが

バクテリアや菌、ウイルス、原生動物、寄生虫などの微生物の影響です。

 

 

私たちの体内に生息している微生物の集合体をマイクロバイオームと呼びます。ものすごい種類と量の微生物たちが皮膚から内臓まで体の隅々に生息して、病気や健康と密接に関係しているのです。

 

 

肥満や糖尿病やガンなどの生活習慣病、腰痛、頭痛、肩こりなど痛みの症状、免疫系、メンタルヘルスや気分、感情の起伏、はたまた私たちの性格にまで微生物の影響が出ることが分かってきました。

 

 

そんな中で、最も多くの微生物が住んでいるのが大腸です。

 

 

腸内マイクロバームは、ちょっとした体調不良から深刻な病気までさまざまな影響を及ぼします。だから、腸内環境を整えることがものすごく大事なんですよ。

 

 

実際に、ウイルスや菌が原因で腰痛や頭痛、首の痛みが出ていた症例が、当院でもたくさんあります。

 

 

食物繊維やオリゴ糖を豊富に含む大豆製品や季節の野菜をおかずにして主食に玄米を食べると、不妊の原因になる腸内カンジダ菌による炎症なども防ぐことができ、いい腸内環境になります。ただ、玄米食が苦手な人は無理に玄米を食べる必要はありません。分づき米や雑穀米などで代用したり、玄米酵素(ハイ・ゲンキ)などの発酵食品を活用するのもいいでしょう。

 

 

玄米酵素(ハイゲンキ)は、さまざまな国立大学の研究機関でガンや糖尿病に関するエビデンスをたくさん取ってますので、私も安心してクライアントさんにオススメしています。インターネットから個人で購入できるので便利ですしね。

 

 

手軽に短期間で腸内環境を整えたいって方は、下の写真の紹介番号を入力して注文すると、30袋のサンプルが付いてくるので、玄米酵素のウェブサイトから購入してどうぞお試しください。「玄米酵素 紹介番号入力」でググればでてきますよ。

 

 

 

いずれにしても、私たちは微生物によって生かされているんだということを忘れずに、何でも抗菌除菌せずに、普段から微生物に感謝して生きるようにするだけで、痛みや体調不良が出にくくなるかもしれませんよ!

 

 

ではまた!

インターネット限定特典
山口院長ブログ
youtube公式チャンネル
ハワイ大学医学部人体解剖実習修了
ページトップへ