福井市の整体・カイロプラクティック『TKYカイロプラクティック』患者様一人ひとりに合ったプログラムで産後、頭痛、肩こり、ストレス、不妊、うつ の悩みを根本的に改善・解決します。
朝10時から、夜8時まで営業!
相無料
ご予約はコチラから

腰痛になった場合、どこに行けばいいの?

福井市の整体、TKYカイロプラクティックの山口です。

いつも、ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

当院に初めて来られた方がよくおっしゃるのが

 

「痛くなった時に、どこに行けばいいのかよく分からないんですよね。」

 

言われてみれば確かにそうで、病院、治療院、整体、カイロ、マッサージ、整骨院、接骨院、鍼灸院、などなど選択肢が多過ぎて、素人からすれば自分の症状はどこに行けばいいのかさっぱり分からないと思います。

 

 

そこで、例えば腰痛になった場合にインターネットで色々と検索するとします。

 

その際にどんな基準で選べばいいのかを以下に書いておきますので、参考にしていただければ幸いです。

 

 

1.初めて腰痛になった人の場合

まずは病院、整形外科に行きましょう!
理由は、必要に応じて細かい検査や手術ができるのは病院だけだからです。

もしかすると、重大な内臓疾患からくる腰痛かもしれません。

医者に行ったって、どうせ湿布と痛み止め出されて終わりでしょ?というのも分かりますが、初めての場合はとにかくまず病院に行くのが無難です。


2.慢性腰痛や繰り返し腰痛が起きる人の場合

あくまでも、病院には通院してるけど、痛み止めや湿布、電療だけで殆ど改善が見られないというケースです。


ここで選択肢が分かれます!


(1)なるべく安いところ(保険が使える等)がいい人

近所の整骨院(接骨院)や鍼灸院(治療院)、あんまマッサージ院に行きましょう
症状によっては保険が使えますから

 

くれぐれも勘違いしないでいただきたいのが、マッサージ院と2980円の揉みほぐしは全く別物なので一緒にしないでください。按摩マッサージ師の先生に失礼です。

 



(2)実費でも構わないから早く治したい人

①周りにゴッドハンドの先生を知っている!
という人がいれば、迷わず紹介してもらいましょう


口コミが一番確実性が高いですからね

その場合は、整骨院でもカイロ院でも療術院でも中国整体でも手技は何でも構いません。



②実費治療に力を入れている整骨院や鍼灸院、

もしくは国家資格を持っている先生の整体院
DCの資格を持っている先生のカイロ院が無難です



HPなどでその辺は必ずアピールしてるはずですから、ネットで探すときはそこをチェックしてみてください。分からなかったら問い合わせてみましょう。



③国家資格の専門学校と同レベルのカリキュラムや
年数のカイロスクールを出た先生のカイロ院や整体院
や療術院


これもHPで確認したり、電話で問い合わせた時に確認してみましょう。

ちなみに、当院はここに入ります。

 

 

専門学校も何も出ていない、ペラッペラの民間資格で「資格を持ってる!」なんていう整体やカイロは、リラクゼーションの範疇に入ると思ってください。

 

たまに、通信教育で資格を取ったなんていう人が整体師を名乗っている恐ろしい整体サロンがありますのでその辺はしっかり確認したほうがいいですね。



あとは、それに料金や施術時間、施術者の性別、院までの距離など個々人の都合を加味して選んでもらえばいいと思います。


揉みほぐしやタイ式マッサージ、リラクゼーション、エステ整体はあくまでも慰安目的で行くようにしてください。


私は、何らかの症状がある場合に慰安系のものはオススメしませんが、行くなら自己責任で。くれぐれも身体を壊されないように注意が必要ですが



最後に…

 

症状を治すのはあくまでも自分自身の身体だということをお忘れなく


だから、普段の生活習慣、特に食事、運動、入浴、睡眠は大事です


子どもは寝るだけで自力整体しちゃいますからね



それではまた!

ぎっくり腰 に私がなりかけました…

ぎっくり腰 こ、これがぎっくり腰になる直前の感じか!

 

先週、木曜日の18時からのクライアントさんを施術している最中に、あやうく人生初のぎっくり腰になるところでした(笑)

 

 

ただ、まっすぐ立っていただけなのに、急に腰というか仙腸関節付近

 

 

がギューッと痛くなって、まるで仙骨(骨盤の真ん中にある骨)が抜けるような感覚が襲ってきたのです

 

 

ぎっくり腰はあまりにも突然襲ってくるというのを、身をもって知りましたね

 

 

ヤバイ!と思ったので瞬間的に肛門を締めてフルパワーで腹圧をかけて、何とか最悪の事態は免れたのですが本当にビックリしました

 

 

あれがもし、少しでも体が前傾状態で起きてたらアウトだったかもしれません…

 

 

そして、これまで一度も経験したことのなかった「腰を伸ばそうとすると痛みが起きる」という症状を体験することができました。前屈は全然問題ないのですが、腰を反らすことが全くできません

 

 

あ~、腰を伸ばせないってこういうことだったのか…

 

 

恥ずかしながら、治療家のくせに急性の腰痛ってものの実際の痛みを私は体験したことがありませんでした。学生時代にスポーツの影響で慢性的な重だるい腰痛はもちろん経験してたけど、それとはまた全然タイプの違う鋭い痛み

 

 

 

そして、翌日になると当日大丈夫だった前屈のほうもつらくなってきました

 

 

さらに

 

背筋を伸ばして歩けない

くしゃみをするとものすごく痛い

仰向けで膝を立ててお尻を持ち上げられない

靴下を履こうと足を上げることがつらい

トイレでお尻を拭くのが大変

ある程度座ったままでいると固まってきて、立ち上がるのがつらい

寝返りがつらい

朝起きる時に、一旦、横向きになってから起き上がろうとしても痛い

ちょっと先にあるものを持ち上げようとすると痛い

車の乗り降りの時に痛い

 

 

まあ、ぎっくり腰のクライアントさんが訴える症状、軽めにですが全部体験することができました

 

 

いや、相当痛いんだろうな~って想像はしてましたけど、なりかけただけでもこれですからね…

 

 

本格的なぎっくり腰は絶対になりたくないと思いました

 

 

そして、今まで施術しながら動いてもらう時に「そんなに怖がらないで~」って言ってましたが

あんた、そりゃ怖いわ!

 

 

これで私もようやく人の痛みが分かる治療家になれた気がします(笑)

 

 

で、私の症状ですが、自分である程度調整したので今では多少の違和感が残ってるだけです。この違和感てのもよく分からなかったのが、今回の件でやっと理解できました!

 

 

そして、今まで試せなかった、自分でぎっくり腰を治す方法をやっと試すことができたんですが、これが想像以上によかったです。こんな動きがぎっくり腰の人にできるんだろうかと思い、クライアントさんにも教えたことがなかった必殺技、これからは来院されたら公開していきますよ!

 

 

 

ではまた!

腰痛、膝痛の人はしゃがみ方に注意

(社)日本自律神経整体協会 福井支部の山口です

 

先日のハワイ大学での解剖実習の時の写真が送られてきました

 

 

私は一番後ろの一番左側にいます

 

 

って、そんなことはどうでもよくて…

 

 

注目して欲しいのは最前列の方々のしゃがみ方

 

 

アメリカ人の先生、2人だけが他の人と違うでしょ?

 

 

これ、日本人がほとんどしないしゃがみ方です。そして、真ん中のアメリカ人の先生の左隣、日本人の先生のしゃがみ方は逆に西洋人たちがあまりしないしゃがみ方

 

 

で、何が言いたいかというと

 

 

もし、あなたが慢性的に腰痛や膝痛で苦しんでいるなら、このアメリカ人式のしゃがみ方をするようにしてみましょう!

 

 

腰や膝にかかる負担が軽減されるし、立ち上がりやすくなりますから

 

 

上の写真で最前列左側にいる女性、この方もハワイ大学の講師なんですが、片膝ついてますよね。実は、この先生は当時すごい腰痛が出ていたんですよ

 

 

だから、自然とこういうしゃがみ方になったんだと思いますが、腰痛、膝痛のある人は、普段から片膝をつくしゃがみ方をする癖をつけておくといいですね

 

 

それがひとつの予防策にもなりますから

 

 

日常生活の色んな癖や習慣があなたの腰痛、膝痛の原因になっています!

 

 

ぜひ、自分の癖や習慣に普段から意識を向けるようにしてください

 

 

ではまた!

インターネット限定特典
山口院長ブログ
youtube公式チャンネル
ハワイ大学医学部人体解剖実習修了
ページトップへ