福井市の整体・カイロプラクティック『TKYカイロプラクティック』患者様一人ひとりに合ったプログラムで産後、頭痛、肩こり、ストレス、不妊、うつ の悩みを根本的に改善・解決します。
朝10時から、夜8時まで営業!
相無料
ご予約はコチラから

ぎっくり腰 に私がなりかけました…

ぎっくり腰 こ、これがぎっくり腰になる直前の感じか!

 

先週、木曜日の18時からのクライアントさんを施術している最中に、あやうく人生初のぎっくり腰になるところでした(笑)

 

 

ただ、まっすぐ立っていただけなのに、急に腰というか仙腸関節付近

 

 

がギューッと痛くなって、まるで仙骨(骨盤の真ん中にある骨)が抜けるような感覚が襲ってきたのです

 

 

ぎっくり腰はあまりにも突然襲ってくるというのを、身をもって知りましたね

 

 

ヤバイ!と思ったので瞬間的に肛門を締めてフルパワーで腹圧をかけて、何とか最悪の事態は免れたのですが本当にビックリしました

 

 

あれがもし、少しでも体が前傾状態で起きてたらアウトだったかもしれません…

 

 

そして、これまで一度も経験したことのなかった「腰を伸ばそうとすると痛みが起きる」という症状を体験することができました。前屈は全然問題ないのですが、腰を反らすことが全くできません

 

 

あ~、腰を伸ばせないってこういうことだったのか…

 

 

恥ずかしながら、治療家のくせに急性の腰痛ってものの実際の痛みを私は体験したことがありませんでした。学生時代にスポーツの影響で慢性的な重だるい腰痛はもちろん経験してたけど、それとはまた全然タイプの違う鋭い痛み

 

 

 

そして、翌日になると当日大丈夫だった前屈のほうもつらくなってきました

 

 

さらに

 

背筋を伸ばして歩けない

くしゃみをするとものすごく痛い

仰向けで膝を立ててお尻を持ち上げられない

靴下を履こうと足を上げることがつらい

トイレでお尻を拭くのが大変

ある程度座ったままでいると固まってきて、立ち上がるのがつらい

寝返りがつらい

朝起きる時に、一旦、横向きになってから起き上がろうとしても痛い

ちょっと先にあるものを持ち上げようとすると痛い

車の乗り降りの時に痛い

 

 

まあ、ぎっくり腰のクライアントさんが訴える症状、軽めにですが全部体験することができました

 

 

いや、相当痛いんだろうな~って想像はしてましたけど、なりかけただけでもこれですからね…

 

 

本格的なぎっくり腰は絶対になりたくないと思いました

 

 

そして、今まで施術しながら動いてもらう時に「そんなに怖がらないで~」って言ってましたが

あんた、そりゃ怖いわ!

 

 

これで私もようやく人の痛みが分かる治療家になれた気がします(笑)

 

 

で、私の症状ですが、自分である程度調整したので今では多少の違和感が残ってるだけです。この違和感てのもよく分からなかったのが、今回の件でやっと理解できました!

 

 

そして、今まで試せなかった、自分でぎっくり腰を治す方法をやっと試すことができたんですが、これが想像以上によかったです。こんな動きがぎっくり腰の人にできるんだろうかと思い、クライアントさんにも教えたことがなかった必殺技、これからは来院されたら公開していきますよ!

 

 

 

ではまた!

腰痛、膝痛の人はしゃがみ方に注意

(社)日本自律神経整体協会 福井支部の山口です

 

先日のハワイ大学での解剖実習の時の写真が送られてきました

 

 

私は一番後ろの一番左側にいます

 

 

って、そんなことはどうでもよくて…

 

 

注目して欲しいのは最前列の方々のしゃがみ方

 

 

アメリカ人の先生、2人だけが他の人と違うでしょ?

 

 

これ、日本人がほとんどしないしゃがみ方です。そして、真ん中のアメリカ人の先生の左隣、日本人の先生のしゃがみ方は逆に西洋人たちがあまりしないしゃがみ方

 

 

で、何が言いたいかというと

 

 

もし、あなたが慢性的に腰痛や膝痛で苦しんでいるなら、このアメリカ人式のしゃがみ方をするようにしてみましょう!

 

 

腰や膝にかかる負担が軽減されるし、立ち上がりやすくなりますから

 

 

上の写真で最前列左側にいる女性、この方もハワイ大学の講師なんですが、片膝ついてますよね。実は、この先生は当時すごい腰痛が出ていたんですよ

 

 

だから、自然とこういうしゃがみ方になったんだと思いますが、腰痛、膝痛のある人は、普段から片膝をつくしゃがみ方をする癖をつけておくといいですね

 

 

それがひとつの予防策にもなりますから

 

 

日常生活の色んな癖や習慣があなたの腰痛、膝痛の原因になっています!

 

 

ぜひ、自分の癖や習慣に普段から意識を向けるようにしてください

 

 

ではまた!

ぎっくり腰にアイシングを続けるとどうなるか

(社)日本自律神経整体協会 福井支部の山口です

 

いつもブログをお読み頂き、ありがとうございます!

 

 

ここ2週間で、真夏のような気温から春先のような気温に逆戻りしたせいか、ぎっくり腰でのご来院が増えました。こういう急激な気温の変化がある時は腰痛持ちやぎっくり腰の癖がある人は要注意です!

 

 

先週、ゴルフの最中にぎっくり腰になったというクライアントさんが来院されまして、そこまでひどい状態ではなかったので、1回の施術でほとんど痛みがなくなりました。その時に、ぎっくり腰になった時の対処法としてアイシングの仕方を教えたのが間違いの元に…

 

 

そのクライアントさんは施術後

帰ってから昨日来院されるまで毎日アイシングをしてしまったのです!

 

 

わざわざアイシング用の腰ベルトを買って、2時間ごとに15分のアイシング

 

 

 

結果、どうなったと思います?

 

 

昨日、再来院された時に壁につかまるようにしながら入ってきました。いったい何をしたのだろうと驚いて尋ねると、毎日アイシングを続けたということでした。

 

 

私の説明不足だったんですね…

 

 

アイシングは基本、痛めた初日にするものなんですが、その方は勘違いして律儀に毎日2時間おきのアイシングをしてしまったのです。

 

 

当然、不要なアイシングを続けたせいで腰の筋肉がドンドン硬直して縮こまってしまい、おじぎと後屈が全然できないばかりか、まともに立てない状態になったというわけ。

 

 

腎臓も冷えちゃったでしょうね。腎臓と腰痛は密接に関わるので、ますます悪循環です。

 

 

原因が分かったので、すぐに湯たんぽで腰を温めながら腰の筋肉や股関節周りの筋肉を緩めていくと…

 

 

まっすぐ立てるようになりました。

 

 

本当は、明日ゴルフの予定が入ってるので、今日は再調整してゴルフに行けるようにする予定だったのに、ゴルフは断ったとのこと。もっと早く言って頂ければ…

 

 

みなさんもぜひ覚えておいてください。

 

 

ぎっくり腰の初期段階での処置として、アイシングは非常に有効なセルフケアです。

 

 

それは、炎症を起こして毛細血管から出血していたりするので、とりあえずそれを鎮静化するのがアイシング。ただし、あくまでも初期段階の処置であって、毎日続けると当然、このクライアントさんのように腰周りの筋肉が冷えて固まり出して逆効果になっちゃいます。

 

 

私も今までたくさんぎっくり腰の方を施術して来ましたが、1週間近くアイシングを続けたという人はこのクライアントさんが初めてなので、申し訳ないんですが貴重な症例を見させて頂きました。

 

 

くれぐれもアイシングのし過ぎにはご注意くださいね!

 

 

ではまた!

インターネット限定特典
山口院長ブログ
youtube公式チャンネル
ハワイ大学医学部人体解剖実習修了
アクセス
ページトップへ